総  則



第1条 本会は、関西大学應援團OB・OG千成会と称し、事務局を置く。

第2条 本会は、母校関西大学を熱愛する校友の盟友交誼を計るとともに、

    母校および応援団の発展に寄与することを目的とする。



 
会  員



本会の会員は、次のもので構成する。

(1)関西大学在学中に応援団に属したもの。

(2)学校法人関西大学が設置した各種学校を卒業あるいは在籍したもので、

   前項会員3人以上の推薦を受け幹事会が承認したもの。



 
事  業



本会の目的を達成するために次の事業を行う。

(1)会員相互の親睦を深めること。

(2)母校応援団の援助育成に関すること。

(3)会員名簿の整備、作成などの会員相互の連絡、協調を計ること。

(4)その他目的達成に必要な事業。



 
役  員



本会に次の役員を置く。

会 長   1名    副会長     若干名 

幹事長   1名    副幹事長    若干名

事務局長  1名    副事務局長   若干名

会計幹事  1名    副会計幹事   若干名

監 事  若干名    常任幹事    若干名

幹 事  若干名



役員の任務は、次の通りにする。

(1)会 長   本会を代表し、会務を総括する。又、総会および幹事会を招集しその議長となる。

(2)副会長   会長を補佐し、会長に支障のあるときはその職務を代行する。

(3)幹事長   会務を執行し、任せて総会その他の会合進行を運営する。

(4)副幹事長  幹事長を補佐し、幹事長に支障のあるときはその職務を代行する。

(5)事務局長  事務局の運営総括を行う。

(6)副事務局長 事務局長を補佐し、事務局長に支障のあるときはその職務を代行する。

(7)会計幹事  本会の財務を担当する。

(8)副会計幹事 会計幹事を補佐し、会計幹事に支障のあるときはその職務を代行する。

(9)監 事   本会の財務を監査する。

(10)常任幹事  本会の会務の企画、立案および執行に当たる。

(11)幹 事   本会の運営に当たる。



本会に名誉会長、名誉顧問、顧問および相談役を会長が幹事会に諮って若干名置くことができる。

これらの役員は会長の諮問に応える。

本会に参与および特別参与を若干名幹事会で選出することができる。参与は幹事会の諮問に応える。

第9条  役員の任期については別に細則でこれを定める。

第10条 役員の選出方法については、別に細則でこれを定める。



第5章 幹 事 会



第11条 



(1)定例幹事会は年1回会長がこれを招集する。会長が必要と認めたとき、
或いは幹事の3分の1以上の要請があった時、臨時幹事会を開催することができる。

(2)常任幹事会は幹事長が必要と認めたとき、適時開催することができる。

(3)幹事長は第6条(3)の任務遂行の為、諮問機関としての正副幹事長会を適時開催することができる。



第12条 幹事会審議事項は次のとおりとする。



(1)会則および諸規定の改廃に関すること。

(2)事業の企画、立案に関すること。

(3)事業報告書および会計報告書の作成。

(4)母校応援団監督およびコーチについては、現役応援団と協議し、推薦する。

(5)その他の重要事項。

第13条 幹事会の議事は出席幹事の過半数を持って決し、可否同数のときは議長が決定する。



第6章 総  会



第14条 定例総会は年1回会長がこれを招集する。会長又は幹事会が必要と認めた時、臨時総会を開催する事ができる。

第15条 総会では役員の承認、会則の改廃、事業計画と収支決算の承認及び会務の報告を行う。

第16条 母校応援団監督およびコーチより現役の現状報告を行う。

第17条 総会の議事は出席会員の過半数を持って決し、可否同数のときは議長が決定する。



第7章 会  計



第18条 本会の経費は年会費、特別会費、寄付金、その他の収入を持ってこれに充てる。

第19条 会員は細則に定められた年会費を収めなければならない。

第20条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。



第8章 特別委員会

 

第21条 本会の事業を推進するために、特別委員会を設けることができる。

第22条 特別委員会の運用については、別に細則を定める。



第9章 附   則



第23条 会員などの慶弔においては幹事長に一任する。またこれらは事務局に連絡有るものに限る。

第24条 現役監督およびコーチの任期は2年とする。その再任は妨げない。

第25条 本会則に定めのない事項については幹事会に諮り、これを決定する。

第26条 本会則の執行に関する細則を別に定めることができる。

第27条 本会則は昭和58年10月24日付にて制定施行する。

       昭和61年 9月 1日付にて改正施行する。

       平成 8年11月17日付にて一部改正施行する。

       平成14年 6月 1日付にて一部改正施行する。

       平成15年 4月 6日付にて一部改正施行する。

       平成25年 7月14日付にて一部改正施行する。


会則施行細則


第1章 役員選出に関する事項




第1条  幹事は予め指定された推薦委員により、各種事情を勘案の上選出し、総会において承認を受ける。

     尚推薦委員は原則として前年度の幹事をこれに充てる。

第2条 

(1)会長は幹事会で推薦し、総会においてこれを承認する。

   副会長は会長が幹事会の意向を計って選任し、総会で追認を受ける。

   幹事長、副幹事長、事務局長、副事務局長、会計幹事、副会計幹事、監事、および常任幹事は幹事会で互選するものとし、総会にてこれを承認する。

(2)役員の任期は2年とする。但し会長の再任は3期までとし、他の役員については、再任を妨げない。

(3)会員は次に定められた年会費を納めなければならない。



         会 長      5万円  副会長        2万円

         幹事長     2万円  副幹事長       1万円

         事務局長    2万円  副事務局長      1万円

         会計幹事    2万円  副会計幹事      1万円

         監 事      2万円  常任幹事       5千円

         幹 事      5千円  会 員         2千円



         他の役職者は常任幹事に準ずる。

          特別委員会に関する事項



第3条  特別委員会は、会長の特命を受けて、特別事項の審議、運営に当たる。 

第4条  特別委員会は会長が幹事長に諮り、役員の中より委員を委嘱する。

第5条  特別委員会には委員長を置き、また必要に応じて副委員長を置くことができる。

第6条  幹事長は特別委員会に参加する。

第7条  会長の特命による事項が終了した時点で、特別委員会は解散する。

千成会 会則
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー