知恩院見学と粟田山荘(片岡先輩を語る)

 

去る3月7日、現役4名・OB28名が千成会設立50周年記念行事として、千成会初代会長片岡恒次郎先輩所縁の京都・知恩院、
千成会発会の地・粟田山荘を訪問しました。

午前は、知恩院を拝観しました。片岡先輩の御家が知恩院の檀家であることから訪問の運びとなった知恩院は、
法然上人が奉られており浄土宗総本山の寺院であります。

国宝として認定されている「御影堂」や、将軍家の公務に使用された「大方丈」、殊に徳川家が朝廷を監視するために建造した
「三門」は、奥田惠造副幹事長の紹介により通され、建立の経緯や建造物の意味を丁寧に説明していただき、
拝観の途中には抹茶と和菓子のもてなしを受けました。

午後は、千成会発会の場所である料亭・粟田山荘(佐藤元昭相談役に伺うと、ほとんど50年前そのままの姿)
にて昼食会を行いました。

諸先輩方から、千成会発会当時の出来事や片岡先輩の人となりが話され、当時を懐かしむ話は尽きませんでしたが、
時間は瞬く間に過ぎ去り、閉会を惜しみつつも逍遥歌を声高らかに歌い上げ会を締めくくりました。

                                                                                                82代   中井康詞

 

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー