2006年・秋季リーグ 第4節 対関学大 2回戦 2006.09.23(甲子園球場)

 
9月23日阪神甲子園球場に於いて関西学生野球六大学秋季リーグ戦の関関戦2回戦が行われました。
今季、既に勝ち点2を取り、リーグ内で
1位の関大にとっては神宮大会に駒を進めるためにも負けることのできない1戦となりました。
前日に行われた
1回戦では3−7で関大が勝っており、関大の1塁側イエローシートでは誰もが関大の勝利を信じていました。
 

 
2回裏、関大のエラーにより関学が先制点を挙げると、関大の応援席は悔しい表情で一杯となりました。
しかし、回を追うごとに応援にも熱が入り、「そろそろ関大にも点数が欲しい・・・」と思った6回表、関大の3連打により逆転し2−3となりました。
その瞬間、1塁側から歓声が起こり球場内には高らかに応援歌が鳴り響きました。
 

 
その後も緊迫した試合が続くにつれて応援も盛り上がり、実に関関戦らしい雰囲気となりました。
9回裏にて三振を取り関大が見事勝利を決めたとき、1塁スタンドは総立ちとなり、皆で勝利の喜びを分かち合いました。
勝ったから言えることかもしれませんが「やっぱり関関戦っておもしろい!!」
 


3連休の中日であったためか、遠くは埼玉、東京、横浜、名古屋、岐阜、香川などから応援団のOBも集まりました。
甲子園球場や現役の応援を懐かしむと同時に、応援団の同期や先輩、後輩とも再会でき、楽しい1日になりました。
 

                                                              第82代 岡元 恵里樹
 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー